スポンサーリンク

XOOPS カスタマイズのやり方

XOOPS カスタマイズのやり方

●XOOPSにはいくつか種類があって、よくわからない人にはホダ塾ディストリビューションが使いやすい。
http://www.hodajuku.org/modules/distribution/

これをインストールするのは自力で。

●使っているとどうしてもこうしたい、という欲がでてくる。とはいってもカスタマイズはPHP、HTML、CSSを知らない人間にはかなり難しい。
最低HTML、CSSはある程度勉強してもらうとして、XOOPSのカスタマイズに関する約束があるので、記しておく。
1.管理画面の「互換モジュール 」→「全般設定」→
「themes/ ディレクトリからの自動アップデートを有効にする」を"はい"に。

2.サーバー内にある/html/modules/変更したいモジュール/の中にtemplatesというフォルダがあるので、その中身を/html/themes/default/templates/にコピーする。blockというフォルダがある場合は中身を/html/themes/default/templates/にフォルダを剥いで、出しておくとよい。

これで環境は整った。この作業は編集をしやすくするためだ。もしこれをやらない場合は編集してはモジュールをアップデートして、というめんどくさいことになるので、オススメできない。

templatesにあるhtmlを開いては編集して保存してブラウザでサイト確認して、という作業を繰り返していけば、なんとなくやり方はつかめていくだろう。

カスタマイズをしようと思って最初にもっともつまずくのは、編集したのになぜか更新されない、というxoopsの特性部分に気がつけないところだろう。早く知りたかった…

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー: IT | 投稿日: | 投稿者: