スポンサーリンク

SSLとWWWありのURL正規化はこの記述で決まり。サクラサーバーではまた違うけど。

SSLが当たり前になってもうだいぶ経ちます。
ですが、まだ細かいケアは身についていなかったり。その代表格はSSLリダイレクトじゃないでしょうか?
いろいろ試しましたが、サーバーによってもまちまちで、毎回うまくいかなかったりでございますわねえ。
しかしとうとう決着。SSLとWWWありのURL正規化はこの記述で決まり。
.htaccessに以下を記述しよう。

RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTPS} off [OR]
RewriteCond %{HTTP_HOST} !^www\.
RewriteRule ^(.*)$ https://www.example.com/$1 [R=301,L]

WWWをつける、つけないはあると思いますが、WWWはつけておいた方が使いやすいです。
よくwwwついてりゃなあと思わされるときは、WordpressなんかのDBの書き換え。wwwがついていればメアドのドメイン部分が書き換えられてしまうことなくスムースだったり、なにかと必要です。
それでもwwwはいらねえ、っていう場合はこちら。

RewriteEngine on
RewriteBase /
RewriteCond %{HTTPS} off [OR]
RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.
RewriteRule ^(.*)$ https://example.com/$1 [R=301,L]

参考サイトはこちらです。ありがとー!
https://www.white-space.work/url-normalization-with-htaccess/
※よく読めばいいことなんですが、RewriteEngineとRewriteBaseを見落としがちなので、自分用にメモしたわけです。

ただ、さくらサーバーはこうはいかないはずなので、そのときはこちらのページを参考にするとよいと思います。
https://www.1-firststep.com/archives/3938

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー: IT | 投稿日: | 投稿者: