スポンサーリンク

超大容量ハードディスクで警告: 操作の結果できるパーティションはアライメントが正しくないためにパフォーマンスがでません。UBUNTU(LINUX)

UBUNTU(LINUX)で6TBのハードディスクをフォーマットしようとしたけど、

警告: 操作の結果できるパーティションはアライメントが正しくないためにパフォーマンスがでません。

と出ちまったので解決したときのメモです。

まずはGNU partedを起動。設定したいハードディスクだかのデバイスを指定する。なにしろ2TB以上だとデカいので特別にパーティションを作らないといけないらしいんですよ。

parted /dev/sd?
あたしのときはparted /dev/sdd

そしたら↓こうなった?

GNU Parted 3.2
/dev/sdd を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。

次はpを打ってみるだけ。

(parted) p

するとまた「エラー: /dev/sdd: ディスクラベルが認識できません。」とエラーが。

エラー: /dev/sdd: ディスクラベルが認識できません。
モデル: TOSHIBA MD04ACA600 (scsi)
ディスク /dev/sdd: 6001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: unknown
ディスクフラグ:

そういうときはラベルを作成します。

(parted) mklabel gpt

でもう一回pを打つ

(parted) p
モデル: TOSHIBA MD04ACA600 (scsi)
ディスク /dev/sdd: 6001GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/4096B
パーティションテーブル: gpt
ディスクフラグ:

番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム 名前 フラグ

すげえ、出来た。問題はここからです。
mkpartと打ってパーティションを作成するのですが、パーティションの開始位置を「0」と打つと、自動的に最小位置でやってくれようとするのですが、

番号 開始 終了 サイズ ファイルシステム 名前 フラグ
1 17.4kB 6001GB 6001GB ext4 primary

などと開始位置が「17.4kB」と半端になってしまって、フォーマットするときに

This may result in very poor performance, (re)-partitioning suggested.

って出ちゃうんですよ。パフォーマンスが乏しいよと。
なので、「4096s」とするのがいいと海外のサイトに書いてあったのを拝借。sをつけない「4096」だけだと4096MBの位置になっちゃうのでsはつけてくださいね。勝手にアレンジ禁止です。場合によっては「2048s」でもいいかもしれません。

(parted) mkpart primary ext4 4096s 100%
場合によっては
(parted) mkpart primary ext4 2048s 100%
でもいいかも。

おお、出来た。これでqと打てばパーティションの設定は完了。

(parted) q
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。

と表示されてご親切にfstabのことまで心配してくれる。たしかに助かるわ。こういうのを心配りというのだね。

でext4形式でフォーマット開始。

# mkfs.ext4 /dev/sdd1
mke2fs 1.42.13 (17-May-2015)
Creating filesystem with 1465129984 4k blocks and 183144448 inodes
Filesystem UUID: zxxxxxxxxxxxx-xxxxxxx-xxxxxxxxx-xxxxxxxx
Superblock backups stored on blocks:
32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208,
4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968,
102400000, 214990848, 512000000, 550731776, 644972544

Allocating group tables: done
Writing inode tables: done
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

ためしにmountコマンドでマウントして、dfでデバイスの接続状況を確認すると

/dev/sdd1 5814214160 59336 5521112444 1%

ということでした。やったぜ!

スポンサーリンク