スポンサーリンク

ウェブサイトを持っているなら、グーグルウェブマスターツールでサイトを監視

ウェブサイトを持っているなら、グーグルウェブマスターツールでサイトを監視をした方がいいだろう。

サイトへのリンクがどのくらい貼られているか、内部リンクが切れているかなど、グーグル上で表示されるサイトリンクなどの操作も出来る。
サイト運営するには必須のツールだ。
しかしグーグルのアカウントを取って、設定画面の中にウェブマスターツールの項目を見つけることはできない。
下にやり方を上げておく。

やり方
グーグルのアカウントを取る
https://www.google.com/accounts/NewAccount

サイトマップをウェブエクスプローラー(フリーソフト)で作成
http://www.umechando.com/webex/
やり方は↑このサイトを参照

サイトマップをサイトのトップディレクトリにアップロード

この検索で一番上に出てくるウェブマスターツール登録のページへ

登録後、ウェブマスターツールにサイトを登録。
指定されるhtmlをダウンロードしてサイトのトップディレクトリにアップロードするか、metaとしてhtml内に書き込むかをする作業が必要になる。

先ほどのwebエクスプローラーで生成してサイトマップを登録する。

これで作業は終わりだ。
巨大なサイトの場合はとくに、外部からのバックリンク(被リンク)がどのくらいかわかるし、リンク切れなども探すことが出来るので大変便利だ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー: IT | 投稿日: | 投稿者: