スポンサーリンク

XOOPSで、ユーザーの情報(項目?)の一部を表示させたいとき とくにニックネームとか本名

XOOPSで、ユーザーの情報の一部を表示させたいときには以下のように1行追加すればいい。
例では「本名(ニックネーム?)」に当たる項目を増やしている。
これを応用して他の項目も表示できるようになるので覚えておくと便利だ。

1.PHPをいじる
/modules/legacyRender/kernel/Legacy_RenderSystem.class.php
// --------------------------------------
// Add User
// --------------------------------------
$arr = null;
if (is_object($context->mXoopsUser)) {
$arr = array(
'xoops_isuser' => true,
'xoops_userid' => $context->mXoopsUser->getShow('uid'),
'xoops_name' => $context->mXoopsUser->getShow('name'),
'xoops_uname' => $context->mXoopsUser->getShow('uname')
);
}
2.htmlテンプレートの編集
<{if $xoops_showrblock == 1}>
      <h2><{$xoops_name}></h2>
<{/if}>
というような感じで貼るとログインした人の「本名」が表示される。
<{$xoops_ではじまる変数は場面問わず使えるので、便利だ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー: IT, WEB TECH | 投稿日: | 投稿者: