スポンサーリンク

FLASHでHTML内から返される文字の文字化け対策UTF-8化

HTMLから返される文字の文字化けUTF-8化

FLASH は基本的にUTF-8。だがスクリプトSystem.useCodepage=true;でshift_jis化をし、回避できる。
しかし適応は外部ファイルに対してだけ。

HTML内にあるJAVASが...swf?abc=xxxといったような変数で返すときSystem.useCodepage=true;は効かない。
またFlashvars=に変数を入れても同じだった。
またJAVASにもあるescape();というものも日本語に対しては効かなかった。(URLには効いた)
Flash側にもあるescapeスクリプトを使ったが、それも効かなかった。外部ファイルには効く。

HTMLにcharset=UTF-8と当ててUTF-8で保存しても解決されなかった。

結果的に、HTML内より"日本語"を参照させたいときにはUTF-8化しなければ文字化けは免れない。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー: IT, WEB TECH | 投稿日: | 投稿者: