スポンサーリンク

wordpressで検索結果をリッチに見せるやり方。

wordpressで検索結果をリッチに見せるやり方。
デフォルトのテンプレートについている検索機能は少し寂しい。
search.phpをいじってリッチに見せよう。

●検索件数を出す
「検索結果」というタイトルの下に検索結果の件数を出すことができる

<h2 class="pagetitle"><?php _e('Search Results', 'kubrick'); ?></h2>←「検索結果」
↓ここから
<div><?php $allsearch =& new WP_Query("s=$s&showposts=-1");
$key = wp_specialchars($s, 1);
$count = $allsearch->post_count;
echo '<em>'.$key.'</em>で検索した結果、<span class="count">'.$count.'</span>件ヒットしました';
?></div>
↑ここまでをコピペ

これで検索件数が出るようになった。

●日付を日本語で
次は検索結果の更新日が表示されるのだが、日付が英語表記の"th"や"rd"になってしまって、見づらい。
下のようにすれば日本語でうまく表示できる。
もちろん日本語部分を"/"などに変えてもいいわけだ。

<small><?php if (is_page()){ ?>
更新日 <?php the_modified_time('Y') ?>年<?php the_modified_time('F') ?><?php the_modified_time('j') ?>日
<?php } else { ?>
更新日 <?php the_time('Y') ?>年<?php the_time('F') ?><?php the_time('j') ?>日<?php } ?></small>

※ドリームウィーバーなどで編集するとUTF-8がSHIFT-JISに変わってしまい文字化けが起こる。一度ローカルにダウンしてからメモ帳などで別名保存でUTF-8に変えておこう。

●検索したキーワードの前後周辺の文章を表示する

<div class="result"><?php the_excerpt(); ?></div>

↑これを貼り
http://scott.yang.id.au/code/search-excerpt/
でsearch-excerptというプラグインを導入するだけでキーワード前後の文字が表示され、キーワードにはstrongタグでハイライトされて出てくる。便利だ。
これで検索結果ページがかっこよくなるはずだ。
プラグインの導入は普通のようにpluginフォルダにアップロードし、管理画面からプル具インをアクティブにすればいい。

便利な世の中だ。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


カテゴリー: IT, PHP, Wordpress | 投稿日: | 投稿者: