スポンサーリンク

PHPの高速化はキャッシュと圧縮と最適化にかかっている。

★サーバーサイドで出来ること。

eAccelerator
スクリプトキャッシュやなんかもまとめてやってくれる。他にもいろいろあるが、php対応、最速を誇るのがeAcceleratorだっていうんだから使わない手はない。
セッティングは若干面倒。わかる人がそばにいれば聞いたほうが早い。

gzip

http://php.net/manual/ja/book.zlib.php
これをヒントに探していくと、プログラムとかPHPに関わらずブラウジングを高速化することができることがわかる。

mod_deflate

http://httpd.apache.org/docs/2.0/ja/mod/mod_deflate.html

mod_gzip

Apache1.3の場合はコチラ↓
http://www.planet-green.com/linux/mod_gzip.html

とにかく圧縮させて吐き出す。これが命だ。

★プログラムでできること。

プログラムの書き方ひとつで若干かわる。
http://blog.96q.org/2008/05/24/php

プログラムの注意点は多い
http://code.xenophy.com/?p=74

ob_start ("ob_gzhandler");

プログラムサイドでgzip圧縮
http://www.magicvox.net/archive/2007/06142056/

★サーバー、プログラムを組み合わせて

Cache_Lite pearを使う。

http://blogs.yahoo.co.jp/nob_ll/45478859.html
※「PHPで指折りに便利なfile_get_contents関数を使いこなす」 後編です。という記事だが、劇速化!数万ページもあるのでキャッシュだけで2GB行ったが。。。

とにかくシンプルでよりベターな関数を使い、圧縮させて、キャッシュして吐き出す。これが鉄則だ。
ただ、サーバー機のリソースを食うことにもなりかねないので、考慮は必要だ。
でもそれも、サーバー機をだな、最新コア、メモリマックス、SSDHDDでRAID5組めば、そこそこ問題なしだよ!

スポンサーリンク